和心.1





そうだ!京都へ行こう!!
・・・・・って難しいよね。ならばキモチだけでも。






今回は少しテイストを変えてみました


a0144301_443098.jpg













a0144301_45188.jpg



NIKON  D40


(今回はいつもと違い加工無しのUpです・・・・。胃が痛い。。。。。)









どこに行ってもするのですが。

まずは入り口に入るときにお辞儀をします。(勿論正門から)

それから撮りたいと思う被写体を撮ります。

それが終わってから「感謝」の気持ちでお賽銭を、その時にも「アリガトウございました」

と心の中で。。。。

帰り際も同様入る時と同じ事をします。

撮るにあたってもなるべくは、そこのお寺さんの紋章を避ける事を努力していますが。
欲しいものによっては、入ってしまうモノもあります。

日本の文化を大切にと言う気持ちと「撮らせて頂いた」と言う意味でも心がけています。



a0144301_4292598.jpg

[PR]
by luka_photograph | 2010-05-11 04:33 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://lukaphoto.exblog.jp/tb/10591770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bashlinx at 2010-05-11 05:40
撮らせていただく どんな被写体でも感謝の念を持ちたいものです^^
Commented by snatchshot at 2010-05-11 08:25
「残心」ですね
Commented by ucchy at 2010-05-11 10:24 x
今の季節の寺は新緑が美しいですよね。
一週間に一度は行きたいな。
Commented by wateringpot at 2010-05-11 10:58
無加工の写真は、素直に心に届くような気がします。
加工の写真は・・・アートを見るような感じかな♪
Commented by howdygoto2 at 2010-05-11 11:20
ひさしく京都に行ってないです。
で、秋に京都に行こうと思ってます。
舞妓さんを撮りたいです。
被写体に感謝の気持ち大切ですね。
それが人であっても建物でも自然でも。
Commented at 2010-05-11 13:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2010-05-11 16:32
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by luka_photograph at 2010-05-12 03:55
>bashlinxさん
アリガトウございます。

本当にそうですね。
アタシは何にでも話しかける癖があるみたいで・・・。周りからすれば変な人かもです(笑)
Commented by luka_photograph at 2010-05-12 03:58
>snatchshot さん
アリガトウございます。

>「残心」ですね
スナッチさんの娘さんを見習わなくては・・・。
Commented by luka_photograph at 2010-05-12 04:00
>ucchy さん
アリガトウございます。

お天気がいいと、緑も自由な感じがして心地いいです。
たまには足を運んでみるのも「心」が変わりますね。
Commented by luka_photograph at 2010-05-12 04:02
>wateringpot さん
アリガトウございます。

>心に届く・・・・。
「永遠」のテーマなのでしっかり撮れるよう日々努力です(笑)
Commented by luka_photograph at 2010-05-12 04:04
>howdygoto2 さん
アリガトウございます。

そうですね、何に対しても「感謝」の気持ちは大切ですね。

舞妓さん撮りたいんですよー。
コレはずーと前からなんですが。
いつか、撮りにいきます!(笑)
Commented by luka_photograph at 2010-05-12 04:06
>05-11 13:44鍵コメさん

忘れないでほしいものです(笑)
Commented by luka_photograph at 2010-05-12 04:08
>05-11 16:32鍵コメさん
アリガトウございます。

「心」忘れないようにしないといけないですね。

構図・・・
お言葉アリガトウございました。
<< 和心.2 in the middle o... >>